ここには藍と月と花

かわいければそれでいい♪

壁ぬった~ 

F1000435.jpg


部屋を片付けるついでに、
思い立って 白いペンキで北の壁を塗った☆

白い壁に白い色 意味ない、、、
というわけで、 ペンギンさんを描いてみた☆
まだ 北側まだ 白いとこいっぱいです。
ペンキ追加して 子ペンギンも描こう☆


インテリア | コメント:2 | トラックバック:0 |

枻出版社が私の空気を読む

本屋で、みるコーナーというものは、一通り決まっていて
ある程度流し見したら、本屋を出るという一通りの流れを個々それぞれに
持ち合わせている訳だが、 そんなとき、用もないコーナーで
惹かれるように、手に取った一冊が、ビンゴ!! ということもよくある。

時代の最前線を走る「見出し」という雑誌の顔はこちらを向いて、
常に、読み手のこころを読んでいるようだ、、、

枻出版社(エイ出版社)の本が私の本棚に多いことに気がついた・・・

のは、数年前、  
この家具の本
を買ったあたりから 空気を読まれているようだ。  

今回 空気を読まれたのは、ディスカバリージャパン ちょ!!!  
創刊で 京都(今月行く気満々だし、、) つづいて お酒(ここ数ヶ月のマイブームだし..) とか、、 次号も着物とか芸能とか文化とか、、、読みたい。ファッション的なものは、 ちょっと気になる。 

ここまでくると、後ろで見張られてるなくらいの勢い。この周期合致は、噛み(神)すぎる、  ということは、私のブームにあわせるためには最低、二ヶ月前くらいには、次のくるものを把握してることになるな、、、 この人たち、わかってるw 次くるものわかってる!! ちょっと就職してくるかw

 



インテリア | コメント:0 | トラックバック:0 |

memo memo

Adjustable Stool Swivel  調節可能で 回転 スツール
La Fonda レストラン ラ・フォンダ・ソルのための
622 Tilt-Swivel Drafting     傾き 回転 上下 

やはり、 Pはピボット のP であってるっぽい。

インテリア | コメント:0 | トラックバック:0 |

サイドシェルの本とか出せたらと思っていますが

なんというか、、 てにつかない( ><) だせるかな、、
とにかく 椅子本も 今回のC76限りになりそうですが、、
なんとか、イームズのサイドシェルの 本をだしたい!!

過去にかいた。 ベースのアルファベット表記
ベースの表記について
のP について 別の名称で書いてあるページがありました。
当方の過去記事では  Pをピボット(軸)のPとしていましたが
あくまで 参考資料の文中に使用されていた語句からの推測のため
書いた当時より「自信はない」と曖昧な部分でしたが。
今回参考のためにみた。サイト(中古のインテリアショップの記事では)

建築用語の ペデスタル==Pedestal==(台座)とされていました。

たぶん こっちが正しいと思われます。
インテリア | コメント:0 | トラックバック:0 |

目黒でお勉強。

イームズサイドシェルの他、各種椅子をみてきました。
あぁやっぱり違いますね。 レアなベースとか、
やはりプロの方の知識はお勉強になります

***今回発見の3脚***
ドラフティングキャスターベース
バーカウンターのようなの背が高いテーブルにあわせる仕様
座面が回転するので座りやすいです。

キャッツクレイドル
我が家にあるものはあきらかにリプロダクトと確信しました。
リプロダクトのものは高い設計で
溶接位地がオリジナルより若干低い位置にある事
左右の「X」の幅が、左対称になっていないのが特徴です

H(X)ベース ラウンジタイプ
通常のHベースに比べれば低く 
キャッツクレイドルに比べると高い設計

はぁ 奥深過ぎです。

座面
モダニカ製の座面
リプロダクトの中でも グラスファイバー仕様の名品
型もハーマンの過去に所有していた物を使用しているらしいです。
ハーマンの刻印の位置に モダニカの刻印が入っています。













インテリア | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT