ここには藍と月と花

かわいければそれでいい♪

日本酒は 日本酒度で選ぶ。 甘口で選ぶ日本酒

日本酒度 マイナスの 頂点が どうも長野にあるという話を聞いて、
しらべたら  佐久の 千曲錦の リヴァン  という発泡日本酒(濁り)、 自社の日本酒度の表記では 80~100 平均値で見れば90ぐらいという

大変飲みやすいため、ジュースかカクテルか、 ワインか、 …えーと。JTの米づくりを思い出しました。

20110217001738.jpg
長野東急で発見!! 

というわけで、順位を再度確認

リヴァン     長野千曲錦酒造-90 (発泡) 
 飯櫃 (ボンキ) 京都丹山酒造 -75
 甘酸っぱいお酒  兵庫日本盛酒造 -50
 月うさぎ     奈良梅乃宿酒造 -30 (発泡)
 はじけるにごり酒   京都黄桜酒造 -25 (発泡)
白川郷        岐阜三輪酒造 -25 
 渓流どぶろくうわずみ 長野 遠藤酒造 -24
 弥右衛門       福島大和川酒造 -20
 さゆり        京都白鶴酒造 -11



日本酒度は、生産者、または販売店が公表している数字をもとに記載しています。
気候や生産年や保存状態などで、変動すると思いますのであくまで参考です。
食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

日本酒度 マイナスランキング

今までに飲んだ、 日本酒度のマイナス傾きの日本酒 
そう。 マイナスに傾けば傾くほど、 フルーティーな または甘みが強く 
辛みが後から来る感じになるというわけで、  私から口は飲めないの。。
という女性にこそ日本酒を飲んでもらいたい!! というわけで、やってみます。



 飯櫃 (ボンキ) 京都丹山酒造 -75
 甘酸っぱいお酒  兵庫日本盛酒造 -50
 月うさぎ     奈良梅乃宿酒造 -30 (発泡)

三件 はいずれも、 日本酒でありながら、
果実酒のようなそしてまた、独特な個性があります。


 はじけるにごり酒   京都黄桜酒造 -25 (発泡)
白川郷        岐阜三輪酒造 -25 
 渓流どぶろくうわずみ 長野 遠藤酒造 -24
 弥右衛門       福島大和川酒造 -20
 さゆり        京都白鶴酒造 -11


今後も追記します。






食べ物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

穴を掘って、 トウモロコシを焼く。

F1000674.jpg
まず 買いにいきます。   仮にそれが数十キロ走ることになっても たまにはいいと思う。


F1000679.jpg
買ってかえってきました。

F1000677.jpg

穴を掘って、 上にあみを敷きます。
(注 これは、材料をのせるあみではありません)

そこでまず火をおこします。
細かくちぎった、新聞をのせ、 その上に細かいよく乾いた木(使った割り箸とか)
を くんで その上に 炭を置きます。 
火をつけます。   新聞が燃えきって 炭の端が白くなり始めて、赤く光るようになったら 
網の下に空気を入れるように、 とにかくあおぎます。 
あおいで、炭から火が上がったら、もう少し炭を投下します。

安定してきたらその上に あみを敷いて いよいよ焼きます!!

_MG_5823.jpg


U字溝とか、 ブロックとか 持って帰って来れないので、
こんな簡易な ものになってしまいましたが、 これが以外と楽しい。
終わったあとは、 そのまま埋めてしまえば、消火完了だし、、

20100806184042.jpg
皮を剥いてしまって、 上で焼くのもいいのですが、
炭火の中に皮の付いたまま、のもろこしを直接投入してやくととても美味しい!!
皮は丸こげになってしまうものの 中は、焦げず、 程よい蒸気がでて、 蒸し焼きになります。 

食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

大トロ 焼いて食べる贅沢。

F1000579.jpg

煙草は吸いませんが、、 比較に借りました。



8700円の 7700円引き。

 
すまない またなんだ。 
                          魚屋さんとの妙な掛け引き
うちの出刃包丁があまり切れないことに気がついた。
(滅多につかわないんだけど、刺身切るにはつかえないか、、)


柳刃包丁を出しておくんだった。 出刃はまたアブラつけてしまっておこう。
一般家庭に柳刃包丁がある時点で私の職業がバレますか、、、。(バレません)
でも左利き用なんですよ。 この時点で私の仕事は、寿司屋でも日本料理店でもないこと
に気がついて頂ければ、 きっとあなたもわりと 「通」の領域とおもいます。 
まぁ説明はしませんが。

さて、、結局 筋や骨があって 刺身には不向きなところも多く、
そんなところは、レアに焼いて お塩だけふって頂きました。 
お魚はあまり頂かないのですが、 ものすごい贅沢した気がします。




食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

八重桜を頂く。

F1000523.jpg
5月頃 開花したての花を摘んで(でも開花したら遅いので、実際は開く寸前が良い。)

一月半 塩と梅酢で、塩漬けに。

今夜のご飯は、桜ご飯にしよう!!!

F1000582.jpg
というわけで、 せっかちな私は、ネットでしらべて、

分量はアレンジで適当に作ってみました。
というのも 桜の塩漬けの時点で、味が我が家流なもので、、、

さて
一月半たったものを 水で少し戻して 餅米1合 うるち2合 で桜ご飯に。
20~30g ほどひつようなのですが、

花15.6g   あと コブ出汁 お酒 とか,、、適当にいれます。
F1000583_20100617233755.jpg
やっぱり、、 たりなかったかw


検討の結果。 水で、戻さず直接 花若葉ご飯1杯に対して1つほど(もったいないけど細かく刻んで。) 
炊きあがりに入れるとちょうどいい塩気と香りが残るようです。
あとは飾り用に添えて、、、飾り用は 食べずにあとで お湯を入れて桜湯を楽しむのもよしです。
 
F1000584.jpg
甘くない。 桜餅を召し上がれ。
食べ物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT