ここには藍と月と花

かわいければそれでいい♪

ハタハタ群泳図

IMG_2281_20130210002130.jpg


| コメント:0 | トラックバック:0 |

銀箔をいぶす

これまでの行程
11月
一回目
二回目

12月
三回目
四回目

1月
五回目
六回目
七回目
==========================



いぶし銀 という手法
アクセサリーのシルバーなんかが彫りの深いところが黒くなってるあれですが。
酸化 硫化させる 方法です。

いぜんは 六一〇ハップ (ムトウハップ) という入浴剤が
主成分イオウで、 塗るだけでかなりの硫化が簡単にできたようなのですが、
調べてもらえば理由はわかるかと思います。
製造中止となってしまったようです。 

というわけでそれにかわる物を探して、
イオウそのものを探したのですが、 これも薬局で安易に(身分証明と印鑑が必要らしいですが)
手に入らなくなった。というより、薬局が調剤せずとも、既成製薬があるので、
あまりおいていないようです。(どうも問屋さんも出したがらないらしい)



「用法以外で使うということは、一つ事故事件になるという
正しい知識のもと正しい用量で行わないと多くの薬品が規制の対象となり、
その薬品をほんとに必要とする多くの人が困る」  一つ学びました。 

IMG_2408.jpg

結局
東急ハンズで、 いぶし液なる物が売っていました。
直接付けても、あまり奇麗にでません。
少量の水と触れることで、 亜硫酸ガスの発生によって、
硫化するようです。

IMG_2402.jpg 

焼けすぎて、、イワシが焼き魚に、、、
でも、、 そこは次の薬品

IMG_2409.jpg 

シルバー洗浄液、
塗ってはティッシュで拭き取ります。

IMG_2410.jpg 
好きな色だけのこして、いぶしをとっていきます。


(イオウでいぶす場合)

・イオウを少量ティッシュに撒く
・2、3重にたたむ
・高温のアイロンでいぶしたいところに、押し当てる。
(青〜黒 なるとシルバー洗浄液がきかなくなります)
 

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

| コメント:0 | トラックバック:0 |

第七回目 銀箔を貼ってみる。

これまでの行程
11月
一回目
二回目

12月
三回目
四回目
五回目
六回目

==========================
IMG_2377.jpg

いよいよ塗り始めてきました。
でもちょっと奮発です☆ 
イワシの光沢感をもっとも再現できるのはこれではないか
というわけで、


IMG_2368.jpg 

銀箔です  (下にあかし紙)
「日本橋箔座」まで買いにいってきました。

 IMG_2372.jpg
まばゆいばかりの光沢☆
これを一枚一枚、あかしがみでとって、

礬水液(膠+明礬+水)を塗ったところに貼っていく地味な作業。

------------------------

三千本膠と明礬を使って 礬水(ドウサ)液も手作りしてみる
IMG_2346.jpg 膠を水で戻す  IMG_2366.jpg 明礬を入れて完成



| コメント:0 | トラックバック:0 |

板絵の報告六回目

これまでの行程
11月
一回目
二回目

12月
三回目
四回目
五回目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_2340.jpg

描きこんで、 全体像が見えてきました。


| コメント:0 | トラックバック:0 |

板絵五回目

これまでの行程
11月
一回目
二回目
12月
三回目
四回目
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
年もかわって早速、木に描いていく作業です。

IMG_2330.jpg

大下絵にかき起こす作業が終わりました。

IMG_2329.jpg

3枚綴り大下絵を切りカーボン紙で、転写していきます。

転写がすんだところに胡粉でかき込んでいきます。

IMG_2333.jpg

ようやく絵が見えてきました。 




| コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT